WEBマガジン


第2回 3地区一斉防災訓練を実施しました

平成30年11月12日 / 宝安寺社会事業部

BCP(Business Continuity Plan,事業継続計画)とは、災害などの緊急事態が発生したときに、法人が損害を最小限に抑え、事業の継続や復旧を図るための計画のことです。

当法人では、毎日、3つの地区(浜町・曽我大沢・根府川)で多くの園児・利用者さんが通園・通所・入所で生活されています。災害が発生した場合、まずはその瞬間、園児・利用者さんの安全を確保し、被害を最小限に抑えなければなりませんその後は速やかに態勢を整え、事業の再開に向けて取り組まなければなりませんこのことを実現するためには、職員一人一人が「BCP」の考え方を理解し、もしもの時に備えることが大切になります。

この考え方に基づき、当法人では「第2回 3地区一斉防災訓練」を11月10日(土)に実施しました。

災害図上訓練DIGで街頭調査を行いました
【浜町地区】

備蓄品の保管状況を確認しました
【浜町地区】

炊出し訓練でスープとツナパスタを作りました
【浜町地区】


災害図上訓練DIG(静岡県危機管理部危機情報課)

災害図上訓練DIG(静岡県危機管理部危機情報課) (2.4MB)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


新聞紙でスリッパを作る方法を学びました
【曽我大沢地区】

骨折時の応急処置を確認しました
【曽我大沢地区】

レジ袋でオムツを代用する方法を学びました
【曽我大沢地区】


BCP(事業継続計画)の理解を深めました
【根府川地区】

心配蘇生法の訓練を行いました
【根府川地区】

備品の操作方法を確認しました
【根府川地区】


おだやかな秋晴れの中、来たるべき大災害や被災時の状況について、
参加した全職員が一緒に考える機会となりました。

お疲れ様でした!

この研修で感じた緊張感を日々忘れず、毎日の支援・保育や業務に
励んでいきましょう。