WEBマガジン

ほうあんホッと相談カフェ新年度のご挨拶
平成31年4月15日/ほうあんホッと相談カフェ(大谷)

 春光うららかな季節となりましたが、皆様におかれましてはご健勝にお過ごしとの事とお喜び申し上げます。
さて、平成もこの5月で「令和」と元号が変わり、変化の多い一年となりそうです。
 つきましては「平成」として最後、「令和」を迎えるにあたって最初のご挨拶をさせて頂きたいと思います。
新しい時代、気持ち新たに皆様と共に歩ませて頂けたら幸いと存じます。
今年度もどうぞ宜しくお願い致します。
~所長の大水健晴よりご挨拶~

 いよいよ新元号も発表され、令和元年となります。気持ちも新たに、ご相談者本人の思いや希望に基づいた暮らしが実現できるように、相談支援に取り組みたいと思います。特に、ご相談者本人を中心にした支援体制の構築に向けて、積極的なサービス担当者会議の開催を重点テーマとして推進して行きます。

 今年度もどうぞ宜しくお願い致します。


~各職員よりご挨拶~
石黒達也(ホッと相談カフェ課長・相談支援専門員)
 ほうあんホッと相談カフェで相談支援専門員をしている石黒です。ホッと相談カフェは地域支援センターまある2階で活動しています。相談支援専門員は障がいのある人が自立した社会生活が送れるように皆さんからお話を伺い、各種サービスの利用のプランニングをしています。何かお困りごとがありましたらご相談ください。

柳沢杏子(ホッと相談カフェ主任・相談支援専門員)
 新年度が始まりました。初心の気持ちを忘れずに、笑顔で落ち着いて安心して相談できる雰囲気が持てるように努めていきたいと思います。
 今年度も宜しくお願い致します。

照井竜也(ホッと相談カフェ主任・相談支援専門員)
 2019年度が始まりました。平成から令和に元号が変更される中、昭和生まれのわたくしもホッと相談カフェでの2年目を迎えています。いつも心に太陽を忘れず、一日一歩、ゆっくりでも良いと自分に言い聞かせながら、今後も精進して行きたいと思います。雨模様でも、その先に虹がかかるような相談ができると嬉しいです。

大谷秀俊(ホッと相談カフェ・相談支援専門員)
 相談支援専門員として4年目の春を迎えました。まだまだ解らない事や至らない事が多く、反省した去年度を振り返り、今年度はそのような事が無いように日々精進してまいりたいと思います。新しい元号にもなり気持ち新たにご相談者・ご家族・皆様と歩んでいけたらと思います。
 今年度も宜しくお願い致します。

大橋和子(ホッと相談カフェ嘱託職員・相談支援専門員)
 相談員として8年目の春を迎えました。福祉を志した頃は措置制度、その後、福祉制度は大きく変わり現在に至っています。お一人お一人を尊重し、相談支援に携わるものとして自己研鑽に努めてまいりたいと思っています。60年の人生を振り返り、自分が唯一誇れることを考えた時、「人より長く一つのこと」と付き合ってきた事。これからもそうでありたいと思います。

杉山喜市(ホッと相談カフェ・相談員)
 <光陰矢の如し>当初は2~3年のつもりがあっというまに10年。<十年一剣を磨く>という気持ちであったはずなのに<十年一日>だったかなーっと深く反省。思ってもみなかった11年目に突入。ここで<心機一転>何かやらねばと思いつつ、日々専門員の皆さんの足手まといにならない様にと願うばかりです。
 今年度はこの7名を中心に、ほうあんホッと相談カフェを運営して行きます。
 改めまして皆様、今年度もどうぞ宜しくお願い致します。