WEBマガジン


2019年9月5日(木)/茶のまある


お茶のま展 Vol.22 ≪墨遊会 作品展≫




秋に似合う水墨画

 暑い夏もようやく終わりが見えてきました。肌を撫でる風も柔らかくなり、木々の葉が色づき、季節は秋に移ろいつつあります。緑から黄色、赤、オレンジ、茶色・・・これから小田原の街路樹や山々も色づいていくでしょう。
 昨年もお茶のま展を利用していただいた墨遊会の皆様が今年も作品展を開催してくれました。昨年よりも風情豊かで個性的な作品が茶のまを彩ってくれています。水墨画というと白黒の世界と思われがちですが、墨の濃淡で描かれた花や水面、山脈は濃縮された色を感じ、ノスタルジックな雰囲気は秋にぴったりです。
 今回はレオナルド・ダビンチの肖像画や、敢えて一色つけた作品などが目を引きます。表現の自由が伝わってきて楽しんで描かれていることがわかります。


 

 

 

 



作品展は9月30日(月)までの開催です。
ぜひお越しください!

藤井