WEBマガジン


 視覚から入る 

● 2020年5月11Blossom 
Blossomでは、就労講習の新しい取り組みが始まりました。
画像や動画で作成された就労支援の教材を取り入れ、
従来の職員による講義中心の講習に幅を持たせました。
例えば、上司や同僚との会社でのシーンを
動画を見ます。
客観的にこれらの場面を見る事で、
「この言動はおかしいんじゃない?」とか、
自分がこの立場だったらどうするかな?とか…
気づいたり考えたりしやすいようです。
視覚から入ることでね。
非言語的コミュニケーションや、
ソーシャルスキルトレーニング、
いつもやっている学びもこれで深まるのでは?
それがこの教材を取り入れた、
まあ、「狙い」です。


今日の課題は、職場での身だしなみ。
講義でもたびたび行うテーマですが、
実際に画像を見ながら、細かい解説がはいります。
これは、職員も勉強になりますね。

利用者のメンバーに感想を聞いてみましたら…
「わかりやすかった」とのことでした。
これまでも、
イラストを使うなどの工夫をしてきましたが、
画像の多用や、
動画使用の効果は大きいようです。


外出自粛要請が出ている現在、
通所してくださる皆さんも大変です。
Blossomでは、出来うる限りの対策をしながら、
時間短縮で稼働しています。
今この事態の下でのサービスの在り方を日々考えながら、
それぞれが行動していきたいと思っております。
皆様もどうぞお気をつけてお過ごし下さい。   陶山