WEBマガジン

新型コロナウイルスの感染対策について

2020、12、9 ほうあんうみ・ほうあんふじ

ほうあんうみ・ほうあんふじでの
新型コロナウイルス感染対策についてお知らせいたします。



園内感染予防として常時行っている取り組み
 

①施設内(各クラス、遊戯室、静養室、トイレ、廊下、階段等)の
掃除・消毒
②玩具の消毒
③登園時のお子さんの検温
④職員の手洗い、消毒、体調のチェック


 

新型コロナウイルス対策として追加で行っている取り組み
 

①玄関に消毒液の設置
②室内の換気(常時)
③ドアノブ、鍵、エレベーターボタンの消毒
(午前中1回、降園後1回)
④階段の手すり、廊下の壁の消毒(降園後)
⑤職員の出勤前の検温、体調チェック
⑥来園者の検温
⑦お子さんの健康観察表の提出
⑧職員は保育中にマスク着用を徹底する
⑨バス内の換気(窓を開ける)

以上のことを行っています。

 

ほうあんふじ 太田
ほうあんうみ 吉森


 

日中と保育後にドアの取っ手を消毒しています。
日中と保育後にエレベーターのボタンの消毒をしています。
保育後、階段の手すりを消毒しています。
職員はお子さんとは別の部屋、又は教室の隅でお子さんとは離れて食事をしています。職員同士も離れての食事になっています。
職員は必ずマスクを着用してお子さんと接しています。
子どもたちの安心、安全を第一に考え今後も取り組んでいきます。