その男の子は、トロッコに置き去りにされていた。
他人ごととは思えなかった。
1900年(明治33年)宝安寺の住職が、教育の機会に恵まれない子ども・若者のために学校を設立したのが、全てのはじまり。
その後も、置き去りにされていた男の子が寺に連れられてきたのをきっかけに孤児などの養育に乗り出したり・・・
街のあちこちに、自然と手は伸びていったのです。

WEBマガジンの最新記事

RSS

  • NEW
    ほうあんふじ

    2017年03月24日

    ☆新聞活用術☆

  • NEW
    ほうあんふじ

    2017年03月24日

    ジュエリーそら

  • NEW
    ほうあん第一しおん しおんワークプレイス

    2017年03月21日

    しおんワークプレイス見学会開催

  • ほうあん第一しおん

    2017年03月15日

    年に一度の慰労会を行いました!

  • 採用 ほうあん第一しおん 法人本部

    2017年03月14日

    《正職員募集》知的障がいのある中学生と高校生の成長を応援するお仕事

  • ほうあんのぞみ

    2017年03月13日

    銀座ライオンで「1年間おつかれさま!」

  • ほうあん第二しおん

    2017年03月13日

    愛児園ふれあい会

  • ほうあん第一しおん

    2017年03月10日

    根府川のおかめ桜まつり

  • ほうあんふじ

    2017年03月06日

    あっ!!捕まっちゃった!!!