その男の子は、トロッコに置き去りにされていた。
他人ごととは思えなかった。
1900年(明治33年)宝安寺の住職が、教育の機会に恵まれない子ども・若者のために学校を設立したのが、全てのはじまり。
その後も、置き去りにされていた男の子が寺に連れられてきたのをきっかけに孤児などの養育に乗り出したり・・・
街のあちこちに、自然と手は伸びていったのです。

WEBマガジンの最新記事

RSS

  • NEW
    ほうあんふじ

    2017年02月24日

    そらんぽ・そらんぽ・春がきた

  • NEW
    小田原乳児園

    2017年02月23日

    乳児園に鬼が来たぞー!!

  • NEW
    ほうあんふじ

    2017年02月23日

    はじめまして、ドナルド♪

  • NEW
    ほうあんふじ イベント

    2017年02月23日

    《研修会開催》子どものことばとコミュニケーションの発達をみる

  • NEW
    ほうあんのぞみ

    2017年02月22日

    地球市民フェスタ2017でネパールカレーを販売します!

  • ほうあんふじ

    2017年02月20日

    大きくなーれ 1月号

  • 採用 ほうあんふじみのさと 法人本部

    2017年02月20日

    《準職員募集》知的障がいのある方の生活を支援するお仕事!

  • 採用 ほうあんふじみのさと 法人本部

    2017年02月20日

    《正職員募集》知的障がいのある方の生活を支援するお仕事!

  • 採用 法人本部 イベント

    2017年02月18日

    福祉のしごとフェアに参加しました