その男の子は、トロッコに置き去りにされていた。
他人ごととは思えなかった。
1900年(明治33年)宝安寺の住職が、教育の機会に恵まれない子ども・若者のために学校を設立したのが、全てのはじまり。
その後も、置き去りにされていた男の子が寺に連れられてきたのをきっかけに孤児などの養育に乗り出したり・・・
街のあちこちに、自然と手は伸びていったのです。

WEBマガジンの最新記事

RSS

  • NEW
    ほうあんのぞみ ほうあん第一しおん
    合同就労講習会を開催しました!

  • NEW
    法人本部
    きらりフェスタ in イトーヨーカドー

  • NEW
    ほうあん第一しおん
    気になるコロネのつくり方

  • ほうあんふじみのさと
    クリーン作戦 7月報告

  • ほうあん第一しおん
    宿泊体験をしました!

  • 小田原愛児園
    暑くても元気です!

    暑い日が、続いていますね。
    小田原愛児園の小さな畑で、こんなにピカピカの
    夏野菜が収穫されました。

  • ほうあん第一しおん
    みんなで頑張った後は!!

  • ほうあん第二しおん
    シトラス7月イベント

  • ほうあん第一しおん
    【菓子工房】グウテな日常①