その男の子は、トロッコに置き去りにされていた。
他人ごととは思えなかった。
1900年(明治33年)宝安寺の住職が、教育の機会に恵まれない子ども・若者のために学校を設立したのが、全てのはじまり。
その後も、置き去りにされていた男の子が寺に連れられてきたのをきっかけに孤児などの養育に乗り出したり・・・
街のあちこちに、自然と手は伸びていったのです。

WEBマガジンの最新記事

RSS

  • NEW
    ほうあん第二しおん

    2017年01月11日

    しばれる日に白熱した 小田原アリーナスポーツDAYの巻

  • NEW
    ほうあんふじ

    2017年01月10日

    ★大きくな~れ★12月号

  • NEW
    ほうあんふじ

    2017年01月10日

    新聞戦士参上!!!

  • NEW
    ほうあんふじ

    2017年01月10日

    あわてんぼうの雪だるま

  • NEW
    ほうあんふじ

    2017年01月10日

    みかん大スキっ♥

  • ほうあんのぞみ

    2017年01月02日

    小田原の松原神社で初詣

  • ほうあん第二しおん

    2016年12月28日

    光と音と奏でるハーモニー!アクアパーク品川へGo

  • ほうあんのぞみ

    2016年12月27日

    ≪フレスポ小田原シティモール≫でハートフルキャンペーン!

  • 小田原乳児園

    2016年12月27日

    ♪小さくたって元気 ちびっこマン♪